酵素は熱に弱い!?腸に届けるために必要なことは?

青汁から乳酸菌まで、手軽に栄養の取れる健康食品

たくさんのある健康食品の中から手軽に、効果のある健康食品!

酵素ドリンクのブーム

酵素ドリンクがブームになったのは、ダイエット向きの健康食品だったからでしょう。酵素ドリンクが売れたというより「酵素ダイエット」が流行ったおかげです。

酵素ダイエットで痩せられる理由ですが、「置き換えダイエット」の一種であり、普段の食事と酵素ドリンクを置き換えることで痩せるという健康食品です。

カロリーの多い食べ物とカロリーの少ない飲み物を置き換えれば痩せるのは当然ですが、ダイエット中の栄養補給として栄養価の高い酵素ドリンクが選ばれました。

酵素ドリンクを飲むメリットのひとつとして、腸内環境の改善があげられます。腸の中に酵素が増えると、腸内細菌が活発に働くことができます。

ただし、腸内環境を良くするためには、生きた酵素を腸に届ける必要があります。腸に酵素が届かなければ意味がありません。

酵素はとても熱に弱く、加熱すれば消滅してしまいます。そのため、酵素が含まれている野菜や果物は生で食べる必要があると言われています。

野菜や果物以外で酵素が含まれている食べ物は、納豆やキムチなどの発酵食品です。あとで酵素ドリンクの味についても書きますが、製造過程が似ていますから漬け物臭くて当たり前です。

ところで、酵素も「生酵素」が販売されていますから、腸まで届けることを考えれば生酵素を購入した方がよいでしょう。

非加熱発酵の生酵素

加熱殺菌された酵素ドリンクを飲んでも意味がありませんから、「非加熱発酵の生酵素」を飲む必要があります。

酵素は50度以上で消滅すると言われているので、それ以下の温度で処理されているものを購入するとよいでしょう。

ほかの酵素ドリンクとの差別化をはかるために、非加熱発酵の生酵素が販売されています。

なお、酵素ドリンクを飲む際には温かい飲み物にまぜて飲まないようにしてください。温めて飲むことのできない酵素ドリンクは、どちらかと言えば夏向けの飲みものです。

酵素ドリンクの味

酵素ドリンクは発酵飲料なので、なんとなく漬け物臭い味がします。購入する前に味を確認した方がいいかもしれません。

普段美味しい飲み物に慣れている私達は、漬物臭い飲み物なんて飲めたものではないでしょう。

黒糖風味の酵素ドリンクがありますが、私は黒糖風味の酵素ドリンクは苦手です。黒糖自体は嫌いではありませんけど、妙に甘ったるい漬物臭い飲み物はまずく感じます。

酵素ドリンクに関しては、甘味が少ないものの方がさっぱりとしていて飲みやすいようです。